増大サプリ,ランキング,手術

手術でペニスを増大させるメリットとデメリット

増大サプリランキング外の手術での増大について説明をします。

手術をおこなうことの最大のメリットは、確実にペニスを増大させることができることです。
では、なぜ私を含め、みなさん手術を受けないのでしょうか??
それは手術のデメリットを見ていくとわかるので、解説していきたいと思います。
まずは、メリットから解説していきます。

 

増大手術のメリット

  • 確実の増大させることができる。

 

増大手術のデメリット

  • 手術跡が残る
  • 手術後、入院が必要な場合がある
  • クリニックに通うのが恥ずかしい
  • 手術が非常に高額
  • 執刀医によって技術力に差がある

 

以上が手術のメリットとデメリットです。
メリットに関しては、とくに深く解説する必要はないと思いますので割愛します。
では、デメリットの解説を細かくしていきたいと思います。

 

手術跡が残る

 私はこれが最大のデメリットだと思います。
 ペニスが小さいことがコンプレックスで、増大させることでコンプレックスが解消できます。
 手術で増大しても、ペニスを女性に見られた時に、手術の跡があれば「あぁ、この人、増大手術をしたんだぁ」って思われてしまいます。
 これで、ペニスを大きくした意味がありますか?
 私は、これでは意味がないと思ったので手術は選択しから消しました。

 

手術後の入院について

 これは、手術をする場所でも色々と変わってきます。
 ですが、どこの病院でも共通していることが、3〜5日間はお風呂に入れません。
 会社勤めをしているのに、3〜5日もお風呂に入らずに出勤できますか??

 

恥ずかしい

 これも私は嫌でした。
 だって恥ずかしいでよね。
 なんとなく、先生が診断の後に自分のペニスのことで他の先生と話して馬鹿にされていないか心配になってしまいます。

 

手術は非常に高額です。

 増大サプリは1万程度で購入が可能ですが、手術は30万以上が必要となります。

 

執刀医によって技術力に差がです。

 これは増大手術の傷跡の大きさや目立ち具合です。
 ネットではあまり多く記載されていませんが、これは執刀医の技術力によって左右します。
 でも、手術の前に傷跡のことなんて聞いても、傷跡がどれくらい残るのかは、神のみぞ知るって感じです。

 

 

以上が増大手術のデメリットとなります。
実際に私が増大サプリを試す前に真剣に調査したデメリットとなります。

 

私は以上のデメリットをもって増大手術の選択肢はなくしました。
こんなデメリットがあっても「今すぐ大きくしたい!」って人に、増大手術はオススメかもしれません。
しかし、「こんなデメリットは受け入れられません!」という人には別の増大方法を検討した方が良いでしょう。

 

その他のペニス増大方法とは!?

 

手術跡が残らない安全のペニス増大方法はこちら!!