ペニス 理屈

ペニスが大きくなる理屈!増大サプリは何をしている?

理由

 

私自身、増大サプリのゼファルリンを使って、約3か月で2センチ増大し、硬さも改善しました。
今や増大サプリでペニスを大きくすることができるというのは当たり前の話ですが、何故、増大サプリはペニスを増大させることが可能なのでしょう?
その理由や理屈を考えたことありますか?
この理由や理屈を知ることで迷いなく増大サプリを飲むことが出来ますよ。

 

 

ペニスが大きくなる理由

スポンジ

ペニスが大きくなるには、勃起する時の勃起力の向上が必要です。
そもそも勃起というのは、ペニスに集まってきた血液を海綿体細胞が吸収することによって、ペニスが膨張した状態のことを言います。
スポンジが水を吸って膨張した感じ、あれと同じ原理なのが勃起なのです。

 

その勃起力を上げるには、血流を改善する必要があります。
血流とは血液の流れのこと。
血流が悪いと、ペニスに血液が届かなくなり、勃起しにくかったり、最悪ED(勃起障害)になったりします。
さらに、血流が悪いことで血管内に血栓という血の塊ができて、血液の流れを邪魔します。
その結果、もっと血液の流れが悪くなり、血液自体がドロドロになります。
こうなると、脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわる危険に及ぶので、血流をなめたらいけません。

 

ちょっと話がそれましたが、血流が良くなればペニスに集まる血液が多くなり、ペニスを大きくすることができます。

 

 

ペニスの体積を増やすには

コップ

血流が良くなってペニスの集まる血液が増えても、ペニス自体の体積が小さいままだと意味がありません。
コップに水を注いでも、小さいコップのままだと入れられる水の量は少ないままです。
要は、ペニスの海綿体細胞はコップの役割なので、そのコップ(海綿体細胞)を大きくしなくてはいけません。

 

海綿体細胞は筋肉細胞の一種です。
そのため、チントレなどをして鍛えたり、増大サプリを飲むことで大きくすることができます。
筋肉細胞もそうですが、海綿体細胞は成長ホルモンと男性ホルモンの分泌によって、細胞分裂を起こし、細胞が増殖して大きくなります。
この成長ホルモン、男性ホルモンの分泌を促進しているのが増大サプリです。

 

増大サプリにはトリプトファンというリラックスさせるためのアミノ酸が入っています。
成長ホルモン・男性ホルモンは睡眠中、特に深い睡眠時に分泌されます。
トリプトファンによってリラックスした状態にさせ、深い睡眠をサポートするのです。
結果、成長ホルモン・男性ホルモンが多く分泌されて、ペニスの海綿体細胞を成長させ、ペニスの体積を増やし、大きくしてくれることになるのです。

 

ペニスを大きくするには、血流を改善して、ホルモン分泌によって海綿体細胞を大きくすればよいのです。
これらの働きをしてくれるのが増大サプリなのです。

 

その増大サプリによって実際に渡しのペニスも変化しました。
その様子は、コチラのページをご覧ください。
(当サイト内の別の記事へ移動します)