ゼナフィリン 比較

ゼナフィリンとゼファルリンを徹底比較

比較

 

ゼファルリンと名前が似ているゼナフィリン。
結構人気もあり、色々なサイトで紹介されている増大サプリです。
今回はこのゼナフィリンと、ゼファルリンを比較していこうと思います。

 

 

1 成分の違い

成分

 

ゼファルリンは約60種類の成分を配合しています。
朝鮮人参、マムシ、マカ、スッポン、トンカットアリなど動物系、植物系の増大に効果のある成分の他に、アルギニン、シトルリン、トリプトファン、オルニチンといったアミノ酸も多く含まれています。
これら60種類の成分をタブレットとカプセルの2つに分けて配合。
これにより、増大効果を引き出しています。

 

一方、ゼナフィリンですが、こちらは100種類以上の成分を配合しています。
トナカイ角、マカ、ムイラプアマ、コブラ、海馬、冬虫夏草などの他に、シトルリン、アルギニンのアミノ酸、亜鉛などのミネラルも多く含んでいます。

 

数だけで勝負となると、ゼナフィリンの勝利です。
しかし、100種類もの成分を凝縮して配合するには、一つ一つの成分量(純度)が少なくなってしまいます。

 

増大サプリには2種類あって、シトルリンを中心にした10種類ほどの成分で出来ている単一集中型と、100種類以上の成分を配合した多成分配合型があります。
単一集中型は昨今あまり見なくなりましたが、DHCなど大手サプリメント会社が販売しているサプリメントは単一集中型です。
また現在、増大サプリは100種以上配合の多成分配合型が主流ですが、100種成分配合サプリの走りであるリゼノール100Eという商品は販売終了になっています。
これは100種成分のサプリでは効果がなかったためだと思われます。

 

このことから、一つのタブレットやカプセルに配合するには、20種類〜30種類ほどが最適なのではない。

 

その結果、ゼナフィリンよりもゼファルリンの方が一つ一つの成分の効果を発揮しやすく、増大効果があるのです。

 

 

2 ネットでの口コミ

口コミ

 

口コミ数は圧倒的にゼファルリンの方が多いです。
なぜなら、販売年数が違うから。
ゼファルリンは2011年に販売開始、ゼナフィリンは2014年に販売開始されています。
そのため、ゼファルリンの方が口コミ数は圧倒的に多いです。

 

しかし、口コミは数が勝負ではありません。
いかに、良い口コミが多く、悪い口コミが少ないか、また、サクラが書いているような嘘の口コミを省けるか、が重要です。

 

そのため、私の中では、良い口コミが7割、悪い口コミが3割くらいの割合で存在しているものが「良い商品」という持論を持っています。

 

ネットでの口コミを調べると、ゼファルリンは良い口コミが6〜7割、効果がなかった等の悪い口コミは3〜4割になっています。
一方のゼナフィリンは良い口コミが9割近くです。

販売年数が短くてこの数字は明らかにサクラが多いということ。
ネットでの口コミは、ゼナフィリンはあまり当てにしないほうが良いでしょう。

 

 

3 広告文の信憑性

公式サイト

 

突然ですが、サプリメントの広告に「体の一部が変化する」といった内容を宣伝することは薬事法で禁止されています。
例えば、「やせる!」とか「ニキビが治る!」なんて表現もNGなんです。
当然、増大サプリでは「ペニスが大きくなる!」といった表現はNGです。
しかし、ゼナフィリンはバンバン、これらを破っています。
そのため、公式サイトは怪しい宣伝文句が並べられています。

 

一方、ゼファルリンはひと目では増大サプリのサイトなのかと思うくらい、地味です。
当然、ペニスが大きくなる、精力が上がる、なんて表現もしていません。
地味なのですが、薬事法を守った正当な宣伝を行っていると言えるでしょう。

 

 

3つの点から比較すると、ゼファルリンの方が信用性が高く、効果もあるサプリメントだといえるでしょう。

 

 

私が増大に成功したゼファルリンの体験談はこちら!

 

 

>>>ゼナフィリンより効果のあるゼファルリンの公式サイトはこちら