ヴィトックスα ゼファルリン 比較

ヴィトックスαとゼファルリンを徹底比較

ゼファルリンとヴィトックスα

 

今や増大サプリ業界ではこの2強が勢力(精力)を争っていると言っても過言ではないゼファルリンとヴィトックスα
今回はこの2つの増大サプリを徹底比較したいと思います。

 

なぜ、この2つが精力を二分しているかって?
その理由は販売実績にあります。
ゼファルリンは2011年発売で、今年で6年目に入るロングセラー商品です。

 

一方のヴィトックスαは以前「VITOX」として発売されていました。
このVITOXは2012年から販売開始しています。
それからリニューアルして2015年から「ヴィトックスα」として販売されています。
VITOX時代から数えると、ゼファルリンに続く5年もの販売実績を誇っています。

 

増大サプリは移り変わりの早い商品で、8〜9割の商品が2〜3年のうちに販売終了しています。
その理由は、効果がなく販売不振になったり、健康被害や苦情が出て販売停止に追い込まれたりと様々です。
そんな厳しい増大サプリの業界で5年以上の販売実績を誇っているゼファルリンとヴィトックスα。
この2つを比較してほんとうに効果がある増大サプリはどっちなのか、はっきりさせたいと思います。

 

 

1 成分の違い

成分

 

ヴィトックスαの成分は100種類以上。
シトルリンの配合量を従来品よりも2倍に増やしていて、さらに100種類以上のペニス増大成分を含んでいます。
主なものを紹介すると、

 

動物系
馬睾丸、クジラエキス、トナカイ角、サソリ、マムシ、スッポン、タツノオトシゴ、蜂の子などなど
植物系
トンカットアリ、マカ、ムクナ、アカガウクルア、ボロホ、ブラックジンジャー、ヒハツ、ガラナなどなど
ミネラル系
シトルリン、オルニチン、アルギニン、ヨウ素、セレンなどなど

 

これらペニス増大に効果のある成分を含んでいます。
ただ、私がヴィトックスαを選ばなかった点でもあるんですが、これら100種類以上の成分が1つのカプセルに配合されているのです。
最近の100種配合サプリであれば、2つか3つのカプセルに100種類を分散させて配合していたりするのですが、ヴィトックスαに関しては1つのカプセルに100種類を入れ込んでいます。
つまり、1つ1つの効果が薄れるのではないか?
という点が私が気になった点です。

 

一方のゼファルリンの58種類の成分を1カプセル、1タブレットに配合しています。
カプセルに29種類、タブレットに29種類とバランスよく配合しています。
しかも、カプセルにはアルギニンやシトルリンといった血流改善成分を、タブレットにはトリプトファンなどの成長ホルモン分泌成分が入っているため、用途によって飲み分けることも可能です。

 

100種類以上の成分を配合しているのであれば、2つか3つの錠剤に分けることで、より効果を引き出せそうなのに、ヴィトックスαはなんかもったいない感があります。
成分数の数で比較した場合、100種配合のヴィトックスαに軍配が上がりますが、バランス的にはゼファルリンの方が良いのではないかと思います。

 

 

2 ネットでの口コミ

口コミ

 

販売実績が長いゼファルリンとヴィトックスαなので、口コミの数も豊富に揃っています。
当サイト管理人は、口コミに関してある持論を持っています。
それは、「良い口コミが7〜8割、悪い口コミが2〜3割の商品は良い商品である」ということ。
あまりにも良い口コミばかりの場合、サクラが書いていたり、業者が書いていたり、ステマの可能性が高いです。
悪い口コミが多いのは、商品が悪い証拠なので論外です。
良い口コミと悪い口コミのバランスこそが大事で、あの「iPhone」だって良い口コミが7〜8割で、悪い口コミも2〜3割は占めています。
利用者が多ければ多いほど評価は分かれますし、ファンが多ければ多いほどアンチもいます。
そのため、良い口コミ、悪い口コミのバランスに注意して口コミを見るようにして下さい。

 

ということで、ゼファルリンとヴィトックスαの口コミを調べてみました。

 

ゼファルリン:143件調査
良い口コミ:107件(74.8%)
悪い口コミ:36件(25.2%)

 

ヴィトックスα:126件調査
良い口コミ:85件(67.5%)
悪い口コミ:40件(32.5%)

 

この口コミ勝負はいい勝負になりました。
ゼファルリンの方が良い評価を得ていますが、ヴィトックスαもなかなかの成績です。

 

ヴィトックスαの口コミ評価が悪い一因に公式サイトが無駄に煽っているから、というものがあると思います。
ヴィトックスαの悪い評価を見てみると「5日で実感とかマジ嘘」とか「2週間使っても何も変化がない」といったものが多く見られました。
公式サイトの信憑性については次の項目で比較していきますが、ヴィトックスαには「実感速度5日」とデカデカと書かれていて、これを見れば5日でペニスが増大する、と思っても仕方ありません。
ヴィトックスαの公式サイトには「実感速度5日」と書いてあるだけで、ペニスが5日で増大する、とは書かれていません。
とはいえ、この広告だけ見ると誰がどう見たって、ペニスが5日で増大するように思ってしまいます。

 

ヴィトックスαもゼファルリンもサプリメントなので、効果に即効性はありません。
そのため、ヴィトックスαは「実感速度5日」とか書いてしまっているので、使った人は「5日じゃ何も起きないやん!」となって悪い評価を書いているのでしょう。
何か、もったいない。

 

口コミ勝負では、僅差でゼファルリンの勝利です。

 

 

3 広告文の信憑性

公式サイト

 

先ほどでも触れたように、ヴィトックスαの公式サイトには「実感速度5日」、「満足度96.5%」と宣伝しています。
薬事法に触れるため、「ペニスが5日で増大する」なんて表現はされていませんが、誰が見たってペニスが5日で大きくなるように取られても仕方ないことだと思います。
また、サプリメントである以上、96%以上の満足度、というもの怪しさがあります。
サプリメントは体質を改善させて、ペニスを大きくしていくものです。
そのため、年齢、体型、体調などに影響されやすいです。
つまり、個人差が大きいということ。
なので、満足度が96%を超えるなんてあり得ないことなのです。
満足度を知りたいのなら、口コミを見たほうが良いでしょう。

 

また、ヴィトックスαのサイトには「国内男性向け通販サイト36ヶ月連続売上げNo.1」と書かれています。
しかし、「※2017年1月メンラボ調べ」と書いているのですが、メンラボとはヴィトックスαの販売メーカーです。
販売メーカーが調べた内容なので当てになりません。

 

一方、ゼファルリンの公式サイトは地味〜の一言です。
秘密厳守します、商品名が記載されていない箱も用意できます、日本人向けに作られたサプリメントですよ、国内の工場で生産されていますよ、と言ったことしか書いていなく、ペニス増大の「ペ」の字も出てきません。
しかし、薬事法では体の一部が変化するような宣伝はNGになっているため、薬事法を守ったサイトになっています。

 

広告文の信憑性についてはゼファルリンの勝利です。

 

 

ゼファルリンとヴィトックスαの比較まとめ

まとめ

 

成分の数はヴィトックスα(成分のバランスを考えるとゼファルリン)、口コミの評価はゼファルリン、公式サイトの信憑性についてもゼファルリンが勝利しました。
ヴィトックスαは1つのカプセルだけに100種類の成分を配合している点、公式サイトが煽っているので、信憑性がなくなり、口コミの評価も落としている、という結果でした。

 

ヴィトックスαを飲むならゼファルリンをオススメします。
そんな私がゼファルリンを飲んだ結果はというと・・・