アルギニン シトルリン

アルギニンとシトルリンが血流改善できる摂取量って?

摂取量

 

今やどんな増大サプリにも含まれている「アルギニン」「シトルリン」
私が飲んだゼファルリンにも当然含まれています。

アルギニンとシトルリンは血流改善の効果があるのは広く知られていることですが、1日にどのくらいの量を摂取すれば血流が改善されるのか、ご存知ですか?

今回はペニス増大のカギを握る、アルギニンとシトルリンの摂取量について説明していこうと思います。

 

 

アルギニンの摂取目安は?

アルギニン

 

アルギニンの1日の摂取量で最低限必要な量はおよそ2,000mgと言われています。
1日2,000mg未満だと体調が悪くなることはありませんが、身体に何の影響も及ぼしません。
アルギニンには様々な効果があることから、筋トレ中の人は4,000mg、ダイエット中の人は1日5,000mg、高血圧の人には6,000mg、スポーツ選手には10,000mgが必要とも言われています。
また、体重によっても摂取量が変わって、体重1kg当たり、アルギニンが50mg必要だとも言われています。
体重が70kgの人だと、3,500mgが必要になる計算です。

 

では、本題。
ペニスを増大させるためには1日どのくらいの摂取量が必要なのか?

答えは5,000mg。

精液を増やすためにも5,000mgの量が必要と言われています。
この摂取量はあくまでも目安で、5,000mgを摂取すれば血流が改善していきます。

 

 

シトルリンの摂取目安は?

シトルリン

 

ではシトルリンは1日どのくらいの量を摂取するのが効果的なのでしょう?

答えは、およそ800〜1,000mg。

当然この摂取量も重要なのですが、シトルリンは量よりも摂取するタイミングのほうが大事です。
健康美容をまとめたサイトによると、脂肪燃焼を促進させたい人は運動前に飲むのが効果的で、疲労感を和らげたい人には運動後が効果的、筋力増強や成長ホルモン分泌を促進させたいなら寝る前が効果的と言われています。

 

そのため、シトルリンは量よりも摂取するタイミングが重要になってきます。

 

 

アルギニンとシトルリンの血流改善効果

血流改善

 

アルギニンもシトルリもはアミノ酸の一種で、体内で生成することができる「非必須アミノ酸」の1つに分類されます。
ただ体内で生成できるのは成人の場合であって、乳幼児や成長期の子供には体内で生成できる量が少ないため、外からの摂取が必要な「準必須アミノ酸」として扱われたりもします。
アルギニンとシトルリンが血流を改善することはよく知られていると思いますが、なぜアルギニンとシトルリンが血流を改善できるか、ご存知ですか?

 

アルギニンは体内に入ると酵素と結びつきシトルリンへと化学変化を起こします。
この時、一酸化窒素を生成するのですが、一酸化窒素には血管を柔らかくして、血管を広げる効果があります。
そのため、血管内を流れる血液の循環が良くなり、血流を改善することができるのです。

 

川の水を思い浮かべてもらうと分かりやすいのですが、川幅が狭く、ゴミや岩など障害物が多いと川の水の流れは悪くなり、水は汚くなります。
逆に、川幅が広く、川の水量も多いところでは、川の水が上手く循環しているので水はきれいになります。

 

川

 

この現象は血液にも当てはまります。
血管が収縮して狭くなっていると血液の流れが悪くなり、血液もドロドロになります。
ドロドロになった血液は血管内の壁に付着して血の塊(血栓)を作ってしまい、さらに血液の流れを悪くしてしまいます。
血管を収縮させるものとしてはタバコ、アルコール、脂っこい食べ物などがあるので、ペニス増大したいなら控えたほうが良いでしょう。

 

話をアルギニンとシトルリンに戻します。
体内のアルギニンは酵素と結びつき、一酸化窒素を生成し、シトルリンへと変化しますが、この変化したシトルリンは、体内で再びアルギニンへと変化します。
アルギニンは再び酵素と結びつき一酸化窒素を生成して、シトルリンへ変化します。
このアルギニンとシトルリンの変化の流れは「一酸化窒素サイクル」と呼ばれており、酵素がある限りアルギニンとシトルリンは一酸化窒素を生成して血流改善のサポートをしてくれるのです。

 

 

アルギニンをシトルリンが助ける?!

サポート

 

アルギニンが化学変化によってシトルリンに変化するのであれば、アルギニンだけが配合されたサプリのほうが効果的だと思いませんか?
しかしこれはNGです。

 

アルギニンは3ヶ月以上、サプリメントなどで摂取していると「アルギナーゼ」という物質が腸内で生まれます。
アルギナーゼは腸でアルギニンを分解してしまう働きがあり、せっかく摂取したアルギニンの効果を損なわせてしまいます。

 

しかし、アルギナーゼの効果を抑制する成分があります。
それがシトルリンなのです。
シトルリンはアルギナーゼの効果を抑制し、アルギニンを長期間摂取してもアルギニンの効果が出るようにサポートしてくれる成分でもあるのです。

 

 

食事だけでアルギニンとシトルリンは摂取可能?

食事

 

日々の食事だけで、血流が改善するほどアルギニンとシトルリンを摂取することって可能なのでしょうか?
答えは微妙〜〜〜です。

アルギニンの多い食材は、

  • 豚ゼラチン(7,800mg/100g)
  • 湯葉(4,500mg/100g)
  • 高野豆腐(4,000mg/100g)

です。

また、シトルリンが多く含まれる食材は、

  • スイカ(180mg/100g)
  • メロン(50mg/100g)
  • 冬瓜(18mg/100g)

です。

 

ペニス増大に必要な量はアルギニンが5,000mg、シトルリンが1,000mgでした。
アルギニンは豚ゼラチンを100g食べればまかなえますが、シトルリンはスイカを800g近く食べないといけません。
しかも毎日続けるとなると、これは無理があります。

 

そのため、アルギニンとシトルリンを無理なく摂取するにはサプリメントが有効なのです。
ではアルギニンとシトルリンを効率よく摂取する方法は?
(当サイトの別の記事に移動します)